示談交渉はやり直しが効かない

示談交渉の時に気をつけなければいけないことについて解説します。争いごとを当事者同士で話し合い、解決することを示談と言います。しかしながら交通事故をめぐる損害賠償のほとんどのケースでは示談によって解決しています。ほとんどの保険会社に相手との示談の交渉を代わりに行ってくれるサービスがついているので、人身事故で大きな怪我をしてしまった場合以外は事故に遭った被害者もあまり示談というものに関して深く意識することは少なく、保険会社にいわれるがままに話を進められて、最終的に用意された書類にハンコを押して終わりというものが普通のケースになります。

ハンコを押すしかし、保険会社から送られてくる書類の中で損害賠償の金額や合意を見ないで簡単にハンコを押してしまうと後からやり直すことはできません。そのため、絶対に適当にハンコを押さないようにすることが大切です。

示談というものは争いをやめる契約をすることを意味しています。そのため、一度示談が成立してしまうと、後で身体に不調が起きたり、後から後遺障害が発覚しても損害賠償の金額を請求することはできなくなります。

このように示談はやりなおしが効かないといわれているケースがほとんどのため、内容をしっかりと理解して、納得してからハンコを押すことが重要になります。


Back to Top